新卒で法務部に入るための方法とは?

難しいと分かっていても、やっぱり法務部で働きたい!!

その専門性や、ロースクールの卒業生・弁護士の数の増加により、学部卒の新卒はなかなか採用しないことで有名な「法務部」ですが、やはり大学で法律に触れた人間にとっては、そこで働いてみたいもの。

しかし、社会経験も法律知識も劣る新卒者の入社は、そこそこに狭き門です。

やっぱり法務部は諦めて、営業に行くしかないのか??

いえいえ、そんなことはありません。

しっかりと、ポイントさえ押さえれば、法務部に行くチャンスはあるのです。

そこで今回は、新卒で法務部を目指しているあなたが、法務部に就職するためのポイントを2つお伝えします。

自分の経歴を有利に働かすこと

まず、「学歴」や「資格」はもちろんあったほうが有利ですが、一番は「法学部でどんな研究をしてきたか」です。

ゼミによって有利不利はあるのか?

一概には言えませんが、やはり会社の面接官がきいて「仕事に役に立ちそう」というイメージは重要です。

なぜなら、面接官は法律なんて全然知らない人事部長だったり技術部長だったりします。

そうだとして例えば「刑法のゼミで死刑の是非を研究していました」という学生と「民法のゼミで契約分野の研究をしていました」という学生では、やはりなんとなくでも受けは違いますよね??

だからと言って、法務部の人が全員、在学中は民法の契約を勉強していたのかというと、そんなことはありません。死刑の是非を研究していた人も中にはいます。

では、採用される人と落とされる人の一番の違いはどこでしょう?

一番見られているのは「説明力」

それはズバリ、「説明力」です。

法律を知らない相手に、自分の専門分野をいかに説明できるのか。

自分を採用するメリットを、どういう風に感じさせることができるのか。

そういった論理的な説明ができるかどうかが、就職活動における一番のポイントになります。

なぜなら、法務部で一番大事なのは、社内での説得力だから

法務部の仕事では、単に法律を知っているだけではなく、それを社内に浸透させ、守らせることが一番大事な仕事です。

そこで重要になるのが、法律を知らないひとを「納得して行動」させることつまり「説得力のあり、分かりやすい説明」をする能力なのです。

そのため、「自分の経歴をどう就活に当てはめて、いかに分かりやすく説明できるのか」について、採用試験では見られていると思ってください。

新卒で就職したいなら、情報戦に勝つべし

また、法務部の就活の特色としては、「採用の数が安定しない」「質問の傾向が会社ごとにかなり異なる」ということがあります。

そこで、情報をどうやって入手するかが、対策の決め手となります。

インターネットの情報に頼れないのが法務部の就活

法務部は営業などと異なり、各会社ごとに面接で聞かれることが大きく異なります。

それにも関わらず、受験者数が少ないため、口コミサイトなどに情報が全然出てきません。

実際に著者も法務部を新卒で受験しましたが、営業と混じってグループディスカッションをさせられた会社もあれば、いきなり法務部長が出てきて、1対2で質問攻めにあった会社もありました。

そのため、その会社の法務部の色やどういう形式の採用かなどの情報を自分で探し出さなければなりません。

一番最近採用された先輩と必ずコンタクトを取ること

一番簡単な方法が、今働いている人とコンタクトを取ることです。

先輩の時はどうでしたか?という情報は、特に法務部では貴重な情報となります。

自分が入社した際には、その人が一番近い存在になるということも忘れずに!

「この人と一緒に仕事したくないな」と思うような相手でも、営業のようにたくさん部署があるわけではないため、確実に同じ部署、最悪の場合その人がトレーナーになるのがバックオフィスです。

そのため、就活と就職後、どちらの情報収集もできる「先輩」とのコンタクトなしに、法務部への就活は成功しません。

採用枠のない会社の先輩と繋がった際は、紹介をお願いする

ただ、正直、採用枠のある先輩が都合よくいるケースはとても稀です。

その場合、採用枠のない会社の法務部の先輩と繋がれた場合でも、できることがあります。

正直に「御社は今年採用がなくて受けられないのだけど、どうしても新卒で入りたいから、他に法務部のお知り合いの方を紹介していただけませんか?」と聞いてみましょう。

採用枠がない会社の情報を絶対に深追いしない

次に大事なのが、「とても魅力的だけど今年は採用しないらしい」会社の情報を集めないことです。

法務部はあくまで利益を生み出さない、バックオフィスのため、よほど大きな会社でも、毎年人を採用し続けるということはなかなかありません。

多くの会社は「退職予定者がいる」「転職者がいる」など欠員が出そうな際に、採用を検討します。

情報を追いかけすぎると大惨事です

そのため、しっかりと採用枠を確かめてから行動しないと「話を聞いていて、とても仲の良い先輩が出来たが、その会社が採用をしていない」という事態になってしまいます。

実は、この罠にかかり、社会人の知り合いが増えることで経験値が上がった気になり、実際に自分が受ける会社への対策が手薄になってしまう人がかなり多いのです。

情報収集の限界だと感じたら、人事経由での情報に頼る

とは言っても、やはりサークルやゼミでの繋がりがない場合、行きたい会社の先輩と繋がるのはとても難しいものです。

実際に管理人も、就職後に「あ、あそこにコネがあった!」と気づきましたが、とにかく内定が欲しく、不安定な気持ちの時期には、そのように考えることはできませんでした。

人経由で情報が入ってこない場合というのは、就活中で一番焦る場面でもあると思います。

でも、コネがなくても法務部に就職したいですよね?

そのような場合は、人事からの情報に頼りましょう。

企業の人事は、社内の全部署とのコネクションがあり、もちろん採用にも関わってきます。

そして実は人事も、採用人数のノルマを抱える会社員のため、より良い人材を常に探しているのです。

人事と繋がるサービスに登録して、情報戦を乗り切ろう

最近は人事と繋がることができ、そこから直接情報を得ることができるサービスがたくさんあります。

特にオススメなのがニクリーチです!!

ニクリーチは、会社人事に「お肉をおごってもらいながら」普通の就活では出来ない深い話を聞くことができるという、胃も心も満たしてくれるサービスなのです。

そこで知り合った人事経由で法務部の先輩を紹介してもらえば、最初のコネがなくとも法務部の就職活動ができるんです。

一人と繋がることができれば、そこから知り合いの他社の先輩を紹介してもらえたり、可能性は無限に広がります。

人事システムやキャリアパスは、先輩に聞いてもわからない!

また、せっかく法務部に就職しても、数年で異動・・・というのは好ましくないですよね?

現場にいる法務部の先輩に話を聞いても、そのような「法務部以外のキャリアパス」などの情報は入ってこず、ニッチな情報だけが集まって、逆に判断に困ってしまう場合もあるようです。

そういう場合でも、人事から話を聞くことで、法務部以外の部署やキャリアパスの情報が入ってきます。

まとめ

つまり、法務部の就活では

①直近で法務部に行った先輩からの直接情報収集が一番重要
②先輩と繋がる際は、会社の「採用枠」をしっかり確認すること
③繋がる先輩がいない場合は、人事と繋がれるサービスを積極的に利用して情報収集する

ということを意識していきましょう。

法務部の就活は、他の就活生と話が合わず、情報もなく、一人で追い詰められてしまうこともしばしばあります。

そんな場合でも、先輩や人事と繋がることで、色々な情報をもとにその状況を打開できると良いですね。

そしていつかどこかで、一緒にお仕事できることを楽しみに、一足お先に私も法律の世界でお待ちしていますね〜〜!!

今回紹介した人事と繋がるサービス